信用情報機関の役割

信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。
 
近年、クレジットカードを利用して買い物をしたり、ローンを利用して自動車を購入するなど現金を使わずに支払をすることが増えてきています。
このように現金を使わずに「個人の信用(期日までにお金を支払うという約束)」にもとづく取引を「信用取引」といいます。

そして「個人の信用」を客観的に表した情報が「信用情報(※1)」です。 

信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認(※2)しています。
信用情報は、皆さまの「信用力」を表す唯一の情報であり、「個人の信用」にもとづくサービスの提供を希望する際に大切な情報です。

※1:思想・信条・趣味などのセンシティブ(機微)な個人情報は、信用情報に含まれません。 
※2:個人情報保護法などにおいて個人の返済能力・支払能力の調査以外の目的に使用することは
   禁止されています。

信用情報とは

    
    

 

禁止事項

     信用情報機関に登録されている信用情報は、社員採用の
   事前の審査、DM発送などに利用することは禁止されています。