信用情報機関の役割
HOME > 信用情報機関の役割 > 信用情報機関について

前のページへ戻る

信用情報機関について

信用情報機関は、加盟する会員会社から登録される信用情報を、管理・提供することで、消費者と会員会社の健全な信用取引を支える機関です。
消費者がクレジットやローンなどを利用する際、会員会社は消費者の信用力を判断するために信用情報機関に登録されている消費者の信用情報を確認しています。
この確認を行うことで、会員会社は消費者の返済能力に応じた適切な信用供与が可能となり、過剰貸付などを未然に防ぐことができます。
また、消費者は、自身が築き上げてきた「信用」に基づいた信用供与を必要な時に迅速に受けることができます。
信用情報機関は、クレジット会社の健全な発展を支える社会インフラとしての役割を担っています。

会員会社・消費者との関係

※会員会社が信用情報機関の信用情報を利用・登録する際には、消費者ご本人からの
 同意を取得することが法的に義務付けられています。

信用情報の利用・登録の流れ

1.契約の申込
  クレジットやローンなどの申込書・契約書を提出(締結)します。
  その際に会員会社は、消費者から信用情報機関への照会・登録の同意を取得します。
  ⇒同意の取得に関する詳しい内容はこちらより。
2.信用情報の照会
  会員会社は、クレジットやローンなどのサービスを提供するにあたり、消費者から提出された
  申込書・契約書に基づき、信用情報機関に当該消費者の信用情報を照会します。
3.与信判断のための信用情報の提供
  信用情報機関は、会員会社からの照会に基づき、当該消費者の信用情報を提供します。
  ⇒信用情報機関では、会員会社から登録された信用情報に関する評価や与信判断などは
   行っておりません。
4.信用供与
  会員会社は、自社の情報と信用情報機関から取得した信用情報を参考に当該消費者の信用力を
  総合的に判断して、クレジットやローンなどのサービスの提供の可否を判断します。
5.信用情報の登録
  信用供与後は、返済状況などを定期的に信用情報機関に登録します。 
  ⇒信用情報機関に登録される内容と登録期間に関する詳しい内容はこちらより。
    
6.開示による信用情報の確認
  消費者は会員会社が登録した自身の信用情報を確認することができます。
  ⇒信用情報の開示に関する詳しい内容はこちらより。
    
7.信用情報の開示
  消費者から信用情報の開示申請に基づき、登録されている信用情報を開示します。

信用情報機関の役割

信用情報機関が信用情報を一元管理することで次のような役割を果たすことが期待されています。
 
会員会社は、信用情報機関に登録されている消費者の信用情報を確認することで、当該消費者の信用力を正確に把握することが可能となり、消費者一人ひとりの信用力に応じたクレジットやローンなどのサービスを提供することが可能となります。
消費者は、自身の信用力に基づき適正な信用供与を受けられ、スムーズにクレジットやローンなどを利用することが可能となります。
その結果、消費者の信用力を超える無理な貸付けや借入れを未然に防ぐことが可能となり、消費者信用産業の健全な発展と消費者利益の促進を支える重要な役割を担っています。
 

信用情報機関に関するよくあるQ&A