信用情報機関の役割

指定信用情報機関間の情報交流

複数の信用情報機関が指定信用情報機関として指定を受けた場合には、相互に残高情報などの交流が義務付けられています。

指定信用情報機関

 ・株式会社日本信用情報機構(当社)
 ・株式会社シー・アイ・シー

情報交流の概要

    

情報交流イメージ

交流される情報の内容

 1.個人信用情報
個人の顧客を相手方とする貸付けに係る契約で貸付けの残高があるものに係る情報。
個人信用情報に関する詳しい内容はこちらより。
 2.特定情報
新規貸付審査における会員会社からの信用情報の照会状況に係る情報。
特定情報に関する詳しい内容はこちらより。
 3.重複加盟を識別するための情報
貸金業者が複数の指定信用情報機関に加入している場合には、同一の信用情報が複数の指定信用情報機関に登録されます。
複数の指定信用情報機関に対して信用情報の照会が行われた場合、照会結果に重複した内容が含まれるため、その重複している内容を識別するための情報。
 4.調査中の注記
消費者から、本人特定要件および契約内容などに調査依頼があり、現在調査中であることを表す情報。
 5.本人申告コメントの一部
消費者から申し出があり、信用情報機関に登録したコメント情報のうち、同姓同名の別人があることを表す情報。