信用情報機関の役割
HOME > 信用情報機関の役割 > 指定信用情報機関制度の概要 > 指定信用情報機関に求められる一定の要件

前のページへ戻る

指定信用情報機関に求められる一定の要件

指定信用情報機関には、業務を適正かつ安全的に行うことが求められており、保有する信用情報の
規模や財産的基礎要件に一定以上の要件を備えていることが義務付けられています。

<指定要件(一部抜粋)>
(1)法人であること。
(2)貸金業法、個人情報の保護に関する法律などに違反し、罰金の刑罰に処されていないこと。
(3)役員が法令に違反し罰金の刑又は禁錮以上の刑に処されていないこと。
(4)加入貸金業者の数が100以上であること。
(5)保有する個人信用情報に係る貸付けの残高の合計額が5兆円以上であること。
(6)貸借対照表に計上された純資産の額が5億円以上であること。
(7)人的構成に照らして、信用情報提供等業務を適正かつ確実に遂行することができる知識
   および経験を有し、かつ、十分な社会的信頼を有すると認められること。